『猫はなぜ、狭いところが好きなのか?』って聞かれても・・・その理由を知りたければ猫に聞くのが一番でしょうね。と、まあ冗談はさて置いて、猫って本当に狭いところが好きですよね。
気づくと小さなダンボール箱の中に入っているし、「どこに行ったのかなあ~」と探してみると、狭い隙間にじっとうずくまっていたりしますよね。

でも、猫がそのような狭い空間を好む理由はあるようです。第一に猫は、野性の本能が未だ残っているからなのです。犬に比べると猫が人間と一緒に暮らすようになった歴史は比較的浅いのです。つまり、犬と比べて人間に飼いならされた期間が短いことから、猫には野生本能が未だ濃く残っていると言うことなのです。
そして、狭いところに収まることで、自分よりも大きい外敵の侵入を防ぎ、獲った獲物を他の動物に獲られないように暗くて狭い場所に確保していた野性時代の習性が残っていることで猫は狭いところを好むのです。
加えて、怪我をしたときや病気のときに、狭いところで動かずにじっとしていることで体力を蓄えて回復させる意味もあるようです。

また、狭いところに入っている猫は必ず顔を外に向けていますよね。これはいつ外敵が襲ってきても逃げられるように用心する習性があるからです。だから狭いところにじっとしている猫は非常に警戒心の強い表情をしていると思いますよ。それゆえ、狭いところに入っている猫でお尻を外に向けていることはないと思います。
このように猫にとって狭いところは猫の野性本能を満足させられる場所であると同時に、なによりも猫にとって居心地が良いところとなるのでしょうね。