ドーパミンという神経伝達物質の名称は、一度は耳にしたことがある名称だと思います。ただ、そのドーパミンが人間の身体の中でどのような働きを担っているのかについては、それほど御存じでは無い方が多いかもしれません。一言でこのドーパミンの役割を表現するとすれば、頭の回転を良くする存在であると言えます。ですから、ドーパミンが多く分泌されることによって、頭が良くなると言えるのです。

朝倉書店| 脳と睡眠

ドーパミンは一説では、何かに集中していたり前向きな思考を行う時に多く分泌されるものだと言われています。それゆえに、人が何かを考えたり問題を解決する時に欠かせない存在なのです。もし目の前に解決すべき問題がある場合、ドーパミンの分泌が多ければ多いほどその問題解決にかかる時間が短くなるでしょう。それだけドーパミンは人間の思考や、頭の回転に大きな影響を与えるだけの力を持っている存在なのです。

ドーパミン~文明を創った物質

仮に何らかの理由によってドーパミンの分泌が少なくなっている人の場合は、頭の回転が遅くなってしまい、どのような出来事についても瞬時の判断ができなくなったり、集中して課題に取り組めないというケースも出てきてしまいます。それゆえに、仕事をするにしてもスポーツをするにしても、頭の回転を一定水準に保っておくためには脳内におけるドーパミンの分泌も一定量保っておかなければなりません。

脳 サプリメント

ドーパミンは神経伝達物質でありますから、直接体外からそれを取り入れることはできません。しかし、適切な食事やサプリメントを飲用するなど食生活の改善によってドーパミンの分泌量を増やせることが知られていますので、頭の回転を良くしたい場合はそのような対策を行うのも良いでしょう。